2019.05.31

MI-6株式会社が株式会社リバネスと資本業務提携


情報科学で材料開発を効率化するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)を提供するMI-6株式会社、科学全般に立脚した事業を手がける株式会社リバネスと資本業務提携。材料メーカー等へソリューション共同提案

国内最大の産業(※1)かつ輸出産業(※2)である素材産業における研究開発を効率化する技術(:マテリアルズ・インフォマティクス、以下、「MI」)を提供するMI-6株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:木嵜基博、読み方:エムアイシックス、以下、「MI-6」)は株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役グループCEO:丸幸弘、以下、「リバネス」)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を実施しましたのでお知らせいたします。金額は非公開となります。

【資本業務提携の目的と今後の展開】
<MI-6のMI技術とケムガレージ研究所の連携により技術ソリューションを共同で提案>
本提携により、MI-6の有するMI技術を活用した新素材探索手法と、ケムガレージ研究所における有機合成、分析、測定等の実験系を組み合わせたワンストップソリューションを開発・提供します。
メーカー内でリソースが不足していたり、経験が不足していたりする開発テーマであっても、すばやく探索手法を確立させ実験系へ持ち込めることから、新規ニーズや研究テーマの立ち上げ時に適したパートナーシップを構築します。 ※ケムガレージ研究所(リバネスが株式会社サイディンとの連携により熊本大学「産業イノベーションラボラトリー」内に設置)


詳細は下記のURLをご覧ください。
【素材開発をAIで加速】MI-6株式会社が株式会社リバネスと資本業務提携

株式会社リバネス の公式リリース
AIによる素材開発の革新を目指すMI-6と資本業務提携


※1 経済産業省「工業統計」より
※2 財務省貿易統計「対世界主要輸出入品の推移」より